ベビーカー選び トラベルシステムのPros and Cons

2018.8.22 BABY, グッズ ​
メイン画像

ミアは産まれるまで性別がはっきりとしなかった事や、拠点となる場所(国)が未定だった事もあり、出産準備はあまりしませんでした。

揃えたのは最低限の肌着数枚、哺乳瓶1本、ガーゼ、布団一式(ベッドはレンタル)、バスタオル、哺乳瓶消毒用品、爪切りなどのセット、オムツ少し、ベビーカー、抱っこ紐くらいでした!

書き出したら、結構買ってた事に気づいた!笑

性別がわからなかったから洋服なんかは全然買ってなくて、布団とか肌着は全部黄色でした。

買い揃えた物の中で、一番悩んだのがベビーカーでした!!

ベビーカーの選び方

まず、ベビーカーを選ぶ時には普段のお出かけスタイルをよーーく考えて、

予算や譲れない条件などに優先順位を付けていくと楽だと思います♡

例えば、普段バスや電車での移動が多い方でしたら、きっと優先順位は「軽い事」「折りたたみが楽な事」「荷物を入れられるスペースが多い」などになると思います。

私は、

・普段のお出かけは車の方が多い

・ドバイと日本を行き来する

などから、

車のチャイルドシートも兼ねている、

高い位置に子供がいる(ドバイは砂ぼこりがすごいので)

運転しやすく、がたがた道でも大丈夫な作り

を条件にあげ、トラベルシステムを選びました!

トラベルシステムはベビーカー、車のチャイルドシート、ベビーキャリーの役割をしてくれる、赤ちゃんが乗っている場所(カゴのような部分)と、ベビーカー本体が付け外しできる形の物です♡

トラベルシステムでも色々とあるのですが、中でも作りがとってもしっかりしている

AirBuggy + MaxiCosiの組み合わせにしました♡

実際に1年3ヶ月使ってみて感じたAirBuggy + MaxiCosiの良い点と悪い点(Pros and Cons)をまとめてみようと思います。

Cons(悪い点)

終わりがポジティブになる様にまずは悪い点から笑

大きい

トラベルシステムは、どうしても大きいベビーカーになってしまいがち。

AirBuggyも、改札ぴったしくらいの大きさなので急いでいるとスムーズに改札通れなかったりします笑

あと、折りたたんでも大きい!なので怖くてまだバスには乗った事ないです♠

お店などでも、「これ以上小さくならないんですか?」って言われたりします。

車のトランク出し入れする時も、少し手間取ったりすることも。

ドッキングが難しい

AirBuggyにMaxiCosiをドッキングさせるには、専用のアダプター(3,000円)が必要になるのですが、

このドッキングが慣れるまではなかなか大変!

子どもが寝たままでも車からベビーカーへそのまま移動させられるかなと思っていたのですが、手間取っている間に起きてしまったりで・・・難しかったです。

外す方は比較的スムーズなので、ベビーカーで寝てしまった時に、そのままレストランや車に運ぶ事はできたのですが・・・。

でも、これは私がとっても不器用なせいかもしれないです笑

ベビーカーのシートの付け外し

一人で座れる用になり、AirBuggy単独でも使える様になった頃に、

今日行くレストランだったらMaxiCosi付けて使いたいな。

今日は折りたためるAirBuggy単独だけの方がいいな。

などとその日の気分で使い分けたかったのですが、MaxiCosiとドッキングさせるためにシートを全て外してるので、

この付け替えが大変で、気軽に使い分ける事はできないです。

Pros

多様な使い方

本当に、トラベルシステムの良いところってこれに尽きる笑

産まれて、病院を退院する時はMaxiCosiに入れて病室から車まで、

そしてそのままチャイルドシートとして家に帰り、

またMaxiCosiでお家まで連れてきて、

日中はおうちでバウンサーの様な使い方をしてました♡

出先でも、座敷でも、ベビーカーを持っていけない席でもMaxiCosiなら困る事はなかったです

車から近いレストランならベビーカーを出さずにこれだけで運べるのも楽なポイントでした!

対面式+ハイシート

やっぱり、小さいうちは対面式が安心で、いつでも顔みれるので幸せでした笑

ハイシートなので砂埃とかも心配ないし、夏場でも地面から遠い分暑さもましだと思います♡

子どもがぐずって抱っことかになってしまっても、MaxiCosiは荷物置きとして使いやすかったです笑

あと、AirBuggyはエアタイヤなので振動も全然伝わらなくて、でこぼこ道でもすいすい進めてとーっても運転しやすいので公園行ったりする時に重宝してます!

安全性

MaxiCosiを卒業した後に単体のベビーカーとして使う際も、AirBuggyの安全性は決め手の1つでした!

AirBuggyはベビーカーもひとつのクルマとして考えていて、

乗り心地、走りやすさ、安全性にこだわって作られています。

安定感、頑丈性、ブレーキハンドル、エアタイヤなど、安全安心なベビーカーなんです♡

世界的に認められている安全性っていうのも、大切な子どもを乗せる時にはしっかりチェックしておきたいポイントですよね。

 

コメント

コメントを残す